胃カメラ検査とバリウム検査

かつては胃の検査と言えばバリウムを飲むと言うのが定番でした。そのバリウムを飲むことさえも容易ではなかったと言う人もいます。今は、バリウムを飲むよりも胃カメラで検査する人の方がよく聞かれる程多く検査が行われています。バリウムでの検査をしたとしても、異常が見つかればより精密な検査を受けるために胃カメラ検査を受けることになります。健康診断での胃の検査ならバリウムでも良いかもしれませんが、初めから胃に異常を感じる人はバリウムを飲んで検査すると結果によっては苦痛も二重になるかもしれません。どちらの検査方法もメリットとデメリットの両面がありますが、胃カメラの方が正確です。この検査も楽だとは言い切れません。小型とはいえ機械を飲み込まなければなりません。薬で眠っている間に検査をしてくれるなど病院側も工夫してくれるので苦手な人は相談してみるのが良いでしょう。

口から鼻へ胃カメラが変わっています

胃を検査する際、最近では口から管を入れるという今まで行ってきた従来の検査方法だけでなく、鼻から細い管を通して検査をするという方法もメジャーになってきました。これは今まで口の中へ管を入れることにどうしても抵抗があるという人が少なくなかったためです。口の中へ何かを入れて喉をそれが通過するということをどうしても受け入れることができないような人たちにとっては非常に有益な情報です。一度あの管が喉を通る経験をすると何とも言えない感覚が残ります。そのため胃の検査に支障をきたすことも少なくありませんでした。したがって最近ではこの検査を利用する患者が非常に多くなってきています。この検査は今までの苦痛の10分の1以下だという医者もいます。鼻から通すので管の太さの今までの口から入れるカメラより格段に細くなっています。これからはこの検査方法がメジャーになる可能性も高いでしょう。

胃のカメラは非常に大事な検査です。

胃のカメラは非常に大事な検査です。これは間違いの無いことです。もちろんレントゲンなどでもある程度の異変には気づくことができます。しかし、実際に目視で確認することを上回る検査はないといえます。昔は口からのみこむものしかなく、喉を通るまでが非常に辛いと感じる人も多かったのは事実です。しかし、最近では鼻から挿入するカメラもあるので、非常に楽になっています。カメラ自体も小型化が進み体への負担も昔に比べると随分軽くなってきています。そういう意味では、ある程度定期的に受診することも可能になってきているといえます。もしも、胃に不快感が合ったりする場合には、定期的といわずに、すぐに検査をすることがいいです。何が原因であるのかが目視で確認できるので、非常に早期の治療を行うことができるからです。どちらにしても非常に効果的な検査であることは間違いのないことです。