胃カメラでの、検査とは。

胃カメラは、体内の組織細胞を確認する為に、とても良い方法です。ポリープやガン細胞を発見する事が出来、健康を維持する為に有効です。しかし、検査をするには、日程を調整したり検査時の不快感を、覚悟しなければなりません。胃カメラの方法は、口から挿入する、レンズの大きなものと、鼻から挿入する小さめのレンズのものがあります。口から挿入すると、麻酔液を使用したり、喉の違和感がずっと続く事に耐えなければなりません。しかし、細部まで分かりやすく検査できる利点があります。鼻から挿入する場合は、不快感は軽減されますが、細部まで見落とさずに検査が出来ない場合があります。担当の医師と病気の症状を、良く確認して決定する事が望ましいです。また、ある程度の年齢になったら、定期的に検査をする事で、安心して毎日を過ごす事が出来ます。

胃カメラやってよかったです

胃の調子がイマイチよくなかったので、病院に行きました。行く前に、そんなに頻繁に調子が悪くなるのなら、一度カメラを飲んで検査してもらった方がいいよと周りの人からアドバイスを受けていたのですが、カメラを飲むなんて怖くて自分には絶対できないと思っていました。でも、やはり先生も内視鏡で詳しい検査をした方がいいとおっしゃったので、勇気を出して検査をしてみました。確かに苦痛を感じる部分はありましたが、検査した結果、悪い病気はみつかりませんでしたので安心しています。その安心を得る為の苦痛なので耐えられるものだなと感じました。自分の体は自分が一番良くわかっているつもりですが、知らない間に病魔に襲われているという事もありますから、定期的な検査って大事ですよね。これからは、自分もしっかり検査を受けたいと思っています。

大切な胃をカメラを使って検査すること

胃カメラを飲んだことがある人なら必ずと言っていいほど、あの喉を太い管が通る何とも言えない感覚が記憶に残っていることでしょう。10年ほど前までは先端にカメラがついた直径1センチほどの管を飲み込んでいました。1センチほどの管と言うとかなり喉や胸につかえる感覚が残ります。もちろん喉に麻酔をして、喉への刺激をおさえることができます。また筋肉注射を使って胃が気持ち悪くなるのをおさえることもします。このように様々な工夫はしますが、それでもこの管を飲み込むということに関しては個人差があります。中にはあまり苦にならない方もいますし、またある人たちは明日胃カメラと言われると極度に意識して臆病になってしまうこともあり、検査がうまくいかないこともあるはずです。ただこの検査による情報はやはりバリウム検査だけでは落としがちな情報を得ることができるとても大切な検査です。